生まれて0歳6か月、誕生から205日目


【離乳食について】離乳食を始めた人も多い時期でしょう。これまで飲むだけだった赤ちゃんが、固形物をスプーンを使って食べ始めるわけですから、新しい挑戦です。うまく食べられなかったり、興味が向かなかったりしても、ふつうのこと。食べ出す時期はそれぞれなので、あまりあせらずいきましょう。

離乳食をあげるには、午前中の眠くなく、あまり空腹すぎない、そんな時間帯がよいタイミングです。午前中がよいのは、初めて食べさせるもので、もしもアレルギー反応があった場合などに、すぐ医療機関に行ける時間だからです。さらに、朝の光をしっかり浴びて少し遊んだ後だと、食欲が出てくることがあります。食べ物の温度や形状によって、好みがあることもあります。いろいろ試してみましょう。

<大和市より>
[もぐもぐ(かみかみ)教室に参加しましょう] 離乳食の量や硬さの紹介、2回食・3回食への進め方などのお話や、離乳食の固さや味付けの確認(試食)を保健福祉センター1階で行います。生後6か月から8か月頃のお子さん(第1子)と保護者(2名まで可)が対象です。

日程は、市HPまたは「広報やまと」で確認できます。申し込みは電話か直接窓口にて、先着順で受け付けています。

詳しくはこちら
≫詳細はこちら
お問合せ:すくすく子育て課 母子保健担当(保健福祉センター2階)
電話:046-260-5609
戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP