予防接種とは

赤ちゃんは産まれるとき、病気に対する抵抗力(免疫)をお母さんから分けてもらいますが、生後3~8か月程度でその力は消えてしまいます。あとは赤ちゃん自身の力で免疫をつけなくてはなりません。その助けとなるのが予防接種です。
予防接種は、毒を弱めた細菌などから作った「ワクチン」を体内に投与し、それと闘うことによって身体の中に病気に対する抵抗力をつける方法です。
予防接種の対象になる病気のほとんどは感染症です。予防接種には、接種を受ける赤ちゃんや子ども、自分自身の健康を守るだけでなく、まわりの人への感染を防ぎ、地域・社会全体でその病気が流行するのを防ぐ効果があります。

「予防接種と子どもの健康」や市からのお知らせを読んで、予防接種の必要性や副反応などについてよく理解して予防接種を受けましょう。
戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP