四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

■各種病気の説明
1)ジフテリア
ジフテリア菌の飛沫感染※で起こります。
1981年にジフテリア・百日せき・破傷風(DPT)混合ワクチンが導入され、現在では患者の発生はみられていません。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は発症がでない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。
感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。

2)百日せき
百日せき菌の飛沫感染※で起こります。
1948年から百日せきワクチンの接種が始まって以来、患者数は減少してきています。最近、長引くせきを特徴とする思春期、成人の百日せきがみられ、乳幼児への感染源となり重症化する例があるので注意しましょう。
百日せきは、普通のかぜのような症状ではじまります。続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続的にせきこむようになります。せきのあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ません。
乳幼児はせきで呼吸ができず、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起きるあるいは突然呼吸が止まってしまうことなどがあります。肺炎や脳症などの重い合併症を起こしやすく、乳児では命を落とすこともあります。
※飛沫感染(ひまつかんせん)とは…ウイルスや細菌がせきやくしゃみにより細かい唾液や気道分泌物につつまれて空気中へ飛び出し、約1mの範囲で人に感染させることです。

3)破傷風
破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入ることによって感染します。
菌が体の中で増えると、菌の出す毒素のために、筋肉の硬直性けいれんを起こします。最初は口が開かなくなるなどの症状が気付かれ、やがて全身の強直性けいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に至ることもある病気です。
患者の半数は本人や周りの人では気がつかない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。また、お母さんが抵抗力(免疫)をもっていれば出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

4)ポリオ(急性灰白髄炎)
ポリオ(急性灰白髄炎)は、「小児まひ」と呼ばれ、わが国でも1960年代前半までは流行を繰り返していました。予防接種の効果により、2000年には世界保健機関(WHO)は日本を含む西太平洋地域のポリオ根絶を宣言しました。しかし、現在でもパキスタン、アフガニスタン等の国々では野生株ポリオウイルスによるポリオの発生がみられ、これらの地域で日本人が野生株ポリオウイルスに感染したり、日本に野生株ポリオウイルスが入ってくる可能性も考慮しておく必要があります。
口から入ったポリオウイルスは咽頭や小腸の細胞で増殖します。小腸の細胞ではウイルスは4~35日間(平均7~14日間)増殖すると言われています。増殖したウイルスは便中に排泄され、再び人の口に入り抵抗力(免疫)を持っていないヒトの腸内で増殖し、ヒトからヒトへ感染します。ポリオウイルスに感染しても、ほとんどの場合は症状が出ず、一生抵抗力(終生免疫)が得られます。症状が出る場合、ウイルスが血液を介して脳・脊髄へ感染が広まり、麻痺を起すことがあります。ポリオウイルスに感染すると100人中5~10人は、かぜ様の症状があり、発熱を認め、続いて頭痛、嘔吐があらわれます。
また、感染した人の中で、約1,000~2,000人に1人の割合で手足の麻痺を起します。一部の人には、その麻痺が永久に残ります。麻痺症状が進行し、呼吸困難により死亡することもあります。

■使用するワクチンについて
4種混合ワクチン
平成24年9月より、ポリオワクチンは、経口ポリオワクチン(OPV)から不活化ポリオワクチン(IPV)に切り替わりました。また、平成24年11月より、今までの3種混合(百日せきジフテリア破傷風、DPT)ワクチンに加え、4種混合(百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ、DPT-IPV)ワクチンが定期接種になりました。
【添付文書より】
テトラビック(阪大微研会製)については、国内臨床試験(1回目、2回目、3回目n=247、4回目n=244)において、それぞれ注射部位の紅斑32.0%、64.4%、51.0%、36.5%、注射部位の硬結24.7%、45.7%、40.9%、31.6%、注射部位の腫脹8.1%、26.7%、15.4%、15.2%、発熱9.3%、20.2%、11.3%、16.0%であり、まれですがショック、アナフィキラシー、血小板減少性紫斑病、脳症、けいれんに関する注意が記載されています。
クアトロバック(化血研製)については、n=259において、注射部位の紅斑69.1%、注射部位の硬結52.1%、注射部位の腫脹30.9%、発熱46.7%であり、テトラビックと同様、まれですがショック、アナフィキラシー、血小板減少性紫斑病、脳症、けいれんに関する注意が記載されています。
スクエアキッズ(北里第一三共ワクチン製)については、n=248において、注射部位の紅斑91.9%、注射部位の硬結72.6%、注射部位の腫脹60.1%、発熱26.2%であり、テトラビックと同様、まれですがショック、アナフィキラシー、血小板減少性紫斑病、脳症、けいれんに関する注意が記載されています。

■接種方法
【対象年齢】
生後3か月~7歳6か月未満
【標準的な接種方法】
初回:3回(20日以上56日までの間隔)
追加:1回(初回接種終了後、1年~1年6か月までの期間)

※経口ポリオワクチンを1回接種している方は、不活化ポリオワクチンを1回受けたものとします。経口ポリオワクチンを2回すでに受けている方は、不活化ポリオワクチンを受ける必要はありません。
※3種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)を4回接種し、ポリオワクチンの接種が完了していない場合は、単独の不活化ポリオワクチンを使用します。
※ポリオワクチンの接種が完了し、3種混合ワクチンの接種が4回完了していない場合は、4種混合ワクチンを使用します。
戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP