平成24年・45週 ~風しん~

■今週の注目感染症 平成24年・45週(11月5日~11月11日)

~風しん~
神奈川県では第45週に10例の報告があり、第1週から第45週までの累積報告数は198例(10歳未満13例、10歳代30例、20歳以上155例)です。
風しんは、風しんウイルスによる感染症で、感染から14~21日間の潜伏期間ののち、発熱、発疹、リンパ節腫脹などの症状がみられます。
風しんワクチンで予防できますが、妊娠中の方は接種することはできません。
予防のために、麻しん・風しんワクチンの対象の方は、早めに接種するようにしましょう。
【神奈川県感染症情報センターより参照】

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP