2022年・5週 ~結核、新型コロナウイルス感染症~

2022年02月11日

今週の注目感染症 
2022年・5週(1月31日~2月6日)

~結核~
今週は神奈川県で14例の結核の報告がありました。
神奈川県内では2021年も1000件以上の新規患者報告があり、過去の病気ではありません。
結核は長く続くかぜに似た症状が特徴的です。
結核は早期に発見すれば内服薬で確実な治療が可能な一方、症状を放置し重症化すると命にかかわる病気です。
2週間以上発熱、咳、鼻汁等の症状が続く場合には病院を受診しましょう。
また、定期健康診断で異常を指摘された場合は放置せず、必ず精密検査を受けましょう。

~新型コロナウイルス感染症~
>>詳細はこちら
2022年第5週の報告数は55,690例となり、前週41,444例とくらべ増加しています(※患者情報の変更により、前週と数字が異なる場合があります)。
現在、神奈川県では特措法に基づくまん延防止等重点措置が実施されています。
期間は2022年1月21日から2月13日までとなっていましたが、感染拡大が続いているため3月6日まで延長される見通しです。
措置内容の詳細については県ホームページの『特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針』をご確認ください。
感染拡大をくい止めるために、マスク着用、手洗い、三密の回避等の基本的感染予防の徹底をお願いします。

【神奈川県感染症情報センターより参照】
(令和4年2月14日更新)

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP