ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)

<子宮頸がん予防ワクチン接種の対応について>
子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日より予防接種法による定期接種となりましたが、平成25年6月14日に行われた厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとの勧告がなされました。
これを受けて、本市でも積極的な勧奨の通知を差し控えます。
なお、この勧告は定期接種を中止するものではないため、対象者が希望する場合は、積極的勧奨が差し控えられていることを理解し、ワクチン接種の有効性及び安全性等を理解した上で、接種することは可能です。
今回の措置により接種間隔を越えてしまう場合や、対象年齢を超えてしまう場合の措置については、現在厚生労働省で検討中です。

■病気の説明
子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんのことです。子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウイルス(以降HPV)と呼ばれるウイルスが関わっています。HPVに感染すること自体は特別なことではなく、性交経験がある女性であれば誰でも感染する可能性がありますが、多くの人は自分の免疫力でウイルスを排除できます。ところが、一部の人はウイルスを排除できず感染が持続し、数年~数十年間かけて前がん病変の状態を経て子宮頚がんを発症します。日本では年間約10,000人の女性が発症し、約3,000人が死亡していると報告されており、近年では特に若い年齢層(20~40代)の女性に増加傾向です。
HPVは、皮膚や粘膜に感染するウイルスで、100以上の種類があります。粘膜に感染するHPVのうち少なくとも15種類が子宮頸がんに関係する「高リスク型HPV」と呼ばれています。中でも特に16型と18型は子宮頚がんに進展する可能性が高く、子宮頸がん全体の50~70%の原因を占めています。

■子宮頸がん予防ワクチンについて
1)サーバリックス
16型と18型のHPV感染を予防する2価ワクチン
2)ガーダシル
16型と18型および尖圭コンジローマ※の原因ともなる6型、11型のHPV感染を予防する4価ワクチン
※尖圭コンジローマとは、低リスク型(非発がん性)HPVの感染によって起こる男性・女性の生殖器にできる良性のいぼです。
副反応としては、注射部位の疼痛(83~99%)、発赤(32~88%)及び腫脹(28~79%)などの局所反応と、軽度の発熱(5~6%)、倦怠感などの全身反応がありますが、その多くは一過性で回復をしています。

■接種方法について
【対象年齢】
小学校6年生~高校1年生相当の女子
【標準的な接種方法】
3回:どちらかワクチンを選んで、同一のワクチンを3回続けて接種
サーバリックス:1か月の間隔をおいて2回、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回
ガーダシル:2か月の間隔をおいて2回、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回
戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP